記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カセットガスファンヒーター CB-FH-1|世界初!電気も電池も不要

9iwatani4.jpg



電気も電池も不要で、カセットボンベだけで暖房ができるという画期的な
カセットガスファンヒーター CB-FH-1』がIwataniから発売されました。

電気・電池不要のカセットガスストーブは、2011年にIwataniが初めて開発し、
年間16万台を売るヒット商品となりました。

折しも、2011年は東日本大震災が発生し、停電や灯油の供給が滞ったことで、
被災地では大きな注目を浴びたものです。


ただ、現実的にはカセットボンベゆえの火力不足は否めませんでした。

部屋全体を暖めるまでには至らないということで、
狭い範囲を暖めるためのスポット的な使い方をするのが一般的だったと言えます。


今回発売になったのは、従前のストーブの改良版ではなく、ファンヒーターということで、
温風によって部屋全体をスピーディーに暖めることが期待できます。

しかし、電気や電池なしにどうやってファンを回すのか、
そしてどの程度の実用性があるのか、その辺りが非常に興味をそそるところです。

早速、この商品の特長や仕組みなどについて見ていきましょう。



性能・特長

1. 高性能な「熱電発電モジュール」と「カセットガス」の組み合わせにより、
  電池も電源コードもガスホースも不要

2. カセットガス式なので燃料の入手や交換が手軽で、燃料補給の手間もかからない

3. 最大出力は2.0kW(1,720kcal/h相当)、温風の吹き出しは点火後約50秒
  万が一の停電時、非常時にも有用

4. カセットガス1本の連続燃焼時間は、標準モードで約103分、弱モードで約138分

5. 本体重量は約4.7㎏ 掃除の時も楽に移動でき、部屋を移動して使うことも容易

1~5は、IwataniのHPからの一部転載です。


9iwatani5.jpg



カセットボンベは、スーパーやホームセンターで、3本セットが300円程度で販売されています。

円安の影響で灯油価格が高止まりしている現状からすると、
2時間で100円(標準モードと弱モードの平均値)という暖房費は、思ったほど高くはありません。


ただ、従来のカセットストーブよりも火力が上がったとはいえ、
これ1台ですべてまかなうのは、寒冷地では不可能です。

書斎や勉強部屋など比較的狭い部屋での使用がメインになると思います。


従前のカセットガスストーブにはなかった火力調節ができるようになったのは、
ユーザーの意見を取り入れた良い改善点です。

石油ストーブに比べて圧倒的に軽量・コンパクトなことも特筆すべきでしょう。



電源不要の仕組み

1. カセットガスの燃焼によって加熱される部分(A)と加熱されない部分(B)の間に
 『熱電発電モジュール』を配置

2. 点火するとAとBの間に温度差が生じて起電力が発生し、ファンを回し始める

3. ファンが回転するとB部分が空冷効果で冷却され、Aとの温度差がさらに広がる

4. 大きな温度差が継続することで安定した発電が行われ、駆動するファンから十分な温風が送られる

9iwatani2.jpg

1~4及び図は、IwataniのHPからの一部転載です。

結局、説明を読んでも筆者には理解不能でしたが、
電気も電池も無しでよくファンが回る仕組みを作ったものです。

問題は、ファンの風力が実際にどれくらいあるかですね。


この温度差を生む構造とファンヒーターの部分は、
石油ファンヒーター製造大手のダイニチの設計によるものです。

世界初・電源不要のカセットガスファンヒーターは、
Iwataniのカセットガス燃焼技術と熱電発電モジュールの技術と
ダイニチのファンヒーターの技術の融合によって誕生したというわけです。

製造も新潟にあるダイニチの工場で行うそうなので、
従前のベトナム製カセットガスストーブに比べると、商品の信頼性も向上しているかもしれません。



暖房の目安

暖房の目安は、コンクリート集合住宅が7畳まで、木造戸建て住宅が5畳までとなっています。

広い部屋に対応できないのは、カセットボンベの火力を考えると仕方がありません。

それでも、従前のカセットガスストーブが、コンクリートが4畳、
木造が3畳までだったことを考えると、かなりの進化を遂げていることが分かります。

カセットボンベを使った暖房器具としては十分な性能と言えるのではないでしょうか。



価格

定価が32400円(税込)で、実売価格は現状では定価の1割引き程度となっています。

新製品は徐々に実売価格が下がっていくのが通例ですが、
これから冬にかけて暖房器需要が旺盛な時期なので、おそらく大きく値下がりすることはないでしょう。

品薄になることも考えられるので、必要であれば早めに購入しておくことをおすすめします。


スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

ファイル転送ソフト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。