記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ネスカフェドルチェ グスト ドロップ|斬新デザインのコーヒーマシン

1dolce_gust_drop2.jpg



9月15日、ネスレ日本から従来の常識を覆す斬新なデザインのコーヒーマシン
ネスカフェ ドルチェ グスト ドロップ』がリリースされます。

ドルチェグストシリーズは、従来から独創的なデザインがコンセプトですが、
その中にあっても「ドロップ」のデザインは一際目を引きます。

一見するとそれがコーヒーマシンだとは分かりません。

コーヒーの味だけでなく、目も楽しませてくれるのがドルチェグストシリーズの特長です。



ドルチェグストドロップの魅力

1. デザイン

オシャレなオフィスやリビングにスッと溶け込みそうなデザインは
もちろん「ドロップ」の大きな魅力です。

ただ、「ドロップ」に限らず従来のドルチェグストシリーズの魅力は、
デザインだけではありません。


2. 美味しい

グストシリーズは、挽豆されたコーヒー豆が1杯分づつ封入された
カプセル式を採用しています。

これにより、コーヒー豆が酸化することなく、
飲みたい時に淹れたての香りを楽しむことができるのが、
グストシリーズのもう1つの魅力です。

マシンの性能も本格的です。

最大15気圧という高圧ポンプで抽出することで生まれる、
繊細できれいなクレマ(泡)がその証。

ヘタな喫茶店で飲むよりもずっと美味しいコーヒーを
自宅でいただくことができます。


3. 種類が豊富

コーヒーの種類も豊富で、レギュラー、エスプレッソ、カプチーノなどの定番メニューのほか、
カフェオレ、ラテマキアート、宇治抹茶ラテなど15種類のカプセルがリリースされています。

気分によっていろんな種類のコーヒーを楽しめるというのも、
カプセル式ならではの魅力です。



使い方

1. 淹れ方

使い方はとても簡単です。

水をセットし、電源を入れて約30秒間待つ(余熱が行われる)。

インジケーターの表示をカプセルに表示されている目盛りと同じに調整する

カプセル、カップをセットし、抽出ボタンを押す

完成

「ドロップ」にはオートストップ機能が付いているので、
自分で抽出量をコントロールする必要はありません。

ドルチェグストシリーズは、同一機種でもオートストップ型とマニュアル型がありますが、
「ドロップ」ではオートストップ型のみの設定となっています。

なお、ミルクタイプのコーヒーは、カプセルが2つあるので、
抽出動作を2度繰り返す必要があります。


2. お手入れ

カプセル式はお手入れも楽です。

コーヒー粉は抽出後もカプセル内に残り、
抽出されたコーヒーは抽出口からカップに直接注がれるため、
カプセルを捨て、カプセルホルダーを水洗いするだけで完了します。



価格・仕様

ネスカフェ ドルチェ グスト ドロップの定価は、税込14800円です。

デザイン重視でタンク容量が800mlとやや小さめなので、
ファミリーユースにはタンク容量の大きい「メロディ」や「サーコロ」などのモデルが向いています。

ドルチェグストシリーズは、マシンの性能差はありませんので、
デザインと用途によって、あなたのライフスタイルにぴったりのドルチェグストを選んでください。

いつでも好きな時に挽きたての美味しいコーヒーを飲めるって幸せですよ。


スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

ファイル転送ソフト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。